α7rⅢ+SUMMARIT-M 1:2.5/35

2021年2月7日

 昨年の12月、α7rⅢ+FE2.8/24-70で「佃」をぶらり撮影していました。孫と遊ぶ様子を(こまめに動く被写体)撮影していて感じたことがありました。ボディーは軽いのに、レンズが重くのズームリングも重いのでトルクがかかり時折、画像が斜めに、、、。自尊心が許さず、そこで、アダプター(RAYQUAL)を購入してライカのMレンズ(SUMMARIT-M 1:2.5/35)で撮影してみたのです。C2ボタンにピント拡大、シャッター半押しで拡大解除を振り、電子先幕シャッターを切りにしました。(この設定は、RAYQUALのおすすめ設定です。)止まっているものは、拡大で時々確認しますが、広角35mmなのでピント合わせはほぼ目測です。このレンズは、柔らかい感じで自分も好きな「佃」の表現に合うレンズかと思います。歪みはあるので、ASPHレンズが欲しくなる自分がいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA